できるだけ安く抑えたい!AGA治療費の相場は?

医薬品の処方だけではなく検査が大切です

AGAは遺伝子によりテストステロンが5α‐還元酵素と結び付いて、DHTと言う強制脱毛ホルモンに変換され、髪の毛の成長サイクルを乱す事で生じる脱毛症です。
薄毛治療の方法としては、5α-還元酵素を阻害する作用を持つプロペシア、育毛を促進する作用を持つミノキシジルと言った2種類の医薬品を処方して貰い、医薬品を使って治療を行う方法や成長因子や育毛効果を持つビタミン類が配合されたHARGカクテルを頭皮に注入する方法などがあります。
いずれも、自由診療の扱いになるため、AGAの治療費は全額自己負担と言う事になり、医薬品だけなら個人輸入代行店を使って安く購入出来るのでと、プロペシアなどを通販店で購入する人も少なくありません。
しかし、プロペシアは医薬品であると同時にAGAのみに効果を持つ医薬品でもあり、病院での検査を受ける事が大切なのです。

治療費は病院毎に様々です

自由診療と言うのは病院が費用を決める事が出来ると言った特徴があります。
同じ医薬品を処方して貰う場合にも、病院がそれぞれ治療費を定めているので、相場はあるとしても値段自体は様々です。
AGAの治療を受ける時には専門クリニックを選ぶ事が大切だと言いますが、その理由はAGAと言う脱毛症を特定するための遺伝子検査、そして医薬品を使用した場合の効果の検証、副作用が起きるリスクの検証などが大切だからです。
こうした検査は専門病院でなければ受ける事は出来ないため、専門クリニックを利用する事が推奨されているのです。
更に、病院毎に治療方法が異なるので、費用が安いと同時に経験や実績を多く持つクリニックを選ぶ事が薄毛を克服する近道でもあり、結果的に費用を安く済ませられるコツにも繋がるのです。